DedachiKenta 待望の1stアルバム『Rocket Science』10/30発売決定& アートワーク公開!先行デジタルシングル第3弾「Life Line」は10/2発売!「Fly Away」MV、「Ambiguous」ティザー同時公開!

オフィスオーガスタが立ち上げた新レーベル“newborder recordings”第1弾アーティスト、DedachiKenta(読み:デダチケンタ)待望の1st Album『Rocket Science』が完成し、2019年10月30日(水)にCaroline Internationalよりリリースされることが決定した。山崎まさよし、スキマスイッチ、秦 基博、さかいゆうなどの声に特徴のある所属アーティストを先輩に持ちながら、2020年代を見据えたサウンドにチューニングされている事にも注目したい。

YouTubeへのカバー動画投稿が世界中の音楽ファンの間で話題を呼び、18歳の夏に渡米。日本とLAを制作拠点に約1年間を費やした本作は、サブスクとアナログのみでリリースし洋邦の枠を超え全国FM29局のパワープレイを獲得したデビュー曲「This is how I feel」「Memories」を始め、全世界のH&MでストアプレイされKan Sanoとの共演も好評を博した「Fly Away feat. Kan Sano」、アメリカ人プロデューサーAdam KapitとコライトしLAで録音及びミックスをした「20」やLAの老舗スタジオEastWest Studiosで現地のミュージシャンと録音し「ラ・ラ・ランド」や「アリー/スター誕生」などハリウッド映画の音楽を手がけるIgloo Musicにてグラミー・ウィナー・エンジニアJustin Moshkevichがミックスした「More than enough」他、ボーナストラック3曲を加えた全12曲を収録。

マスタリング・エンジニアにはCharlie Puth、The Drums、Portugal. The Man、Alicia Keysを世に送り出している女性エンジニアMichelle Manciniを起用している。

アルバムより一足先に届けられる先行シングル「Life Line」は10月2日(水)に配信スタート。7月配信曲「Fly Away feat. Kan Sano」、8月配信曲「Ambiguous」に続き、英語と日本語が混ざり合う三部作の最終章とも言える楽曲で、「Ambiguous」同様、DedachiKentaのサウンドプロデュースを手掛けるKOSEN(Colorful Mannings)とのコライト作品。優しくも切ないDedachiKentaのボーカルを堪能できる仕上がりだ。

また、3連続リリース・デジタルシングすべてのMVが制作されることも決定。本日公開となった「Fly Away feat. Kan Sano」は監督に武藤義明、ゲストにKan Sanoを迎えYouTube Space Tokyo にて収録された。二人の息の合った演奏シーンやレコーディング以来の再会をドキュメンタリータッチで描くbehind the scene的な要素も織り込まれ見ごたえのある映像になっている。

「Ambiguous」のティザー映像も同時に公開されたが、作品ごとに様々な魅力をみせるDedachiKentaの今後の展開にさらなる期待が寄せられる。

■VIDEO

DedachiKenta / Fly Away


DedachiKenta / Ambiguous [teaser]

■リリース情報

DedachiKenta
1stアルバム『Rocket Science』


2019 .10.30 Release POCS-23002
¥2,800(tax out)

「Ambiguous」

2019.8.28 Digital Release

「Chromatic Melancholy(Ambiguous)」
2019.8.28 Digital Release(subscription only)

「Fly Away feat.Kan Sano」
2019.7.24 Digital Release

「Catch Me If You Can (Fly Away feat. Kan Sano)」
2019.7.24 Digital Release(subscription only)

 

■イベント出演情報

Augusta Camp 2019

日時:2019年9月15日(日祝)開場12:00/開演14:00
会場:富士急ハイランド コニファーフォレスト
http://www.office-augusta.com/ac2019/about.html
Opening Act:DedachiKenta

■DedachiKenta プロフィール

1999年11月26日、長崎生まれ、千葉育ち。18歳の夏に渡米。現在ロサンゼルスの大学に通う19歳のシンガーソングライター。幼少期よりアコースティックギターをはじめ様々な楽器を嗜む。14歳からYouTubeを使って自身の動画を配信。撮影も自らが手掛ける一方、その清廉な歌声は瞬く間に世界中の多くの音楽ファンの心を癒し、虜にした。
2018年11月21日にオフィスオーガスタの新生レーベル“newborder recordings”より第一弾アーティストとして「This is how I feel / memories」の2曲でサブスク先行配信デビュー。翌月12月5日に両A面アナログ7ichEPとして同曲をリリース(デジタル配信も同時スタート)。洋邦の枠を超え、全国FM29局のパワープレイに選出される。
2019年、YouTubeが注目するアーティスト10組‟Artists to Watch”にも選ばれ、4月10日にはタワーレコード限定CD『breakfast for dinner』を発表。5月22日リリースのAmPmの最新作にVocalとLyricで参加した「more feat. DedachiKenta & FUNTYME」も話題に。
現在LAと日本を往復しながら1stアルバムの制作中。

Link

Instagram

--------------------- ---------------------