【ブログ】BEST OF 2019!スタッフが選ぶ年間ベスト5選 Part 1

2019年も残すところあとわずか。今年5月にCaroline International Japanは発足したばかりなのですが、年末までの短期間のうちに大御所からまだ無名のニューカマーまで、所属アーティストたちのシングルやアルバム、たくさんのリリースがありました。そのアーティストたちの活躍を裏舞台から見守るCarolineのSNS周りを担当するスタッフ4名が、ヒット作から隠れた名曲まで、思い入れのある2019年ベストソングを5曲ずつセレクト。

今回は、Carolineアーティストのみと、オールジャンルのランキングの二通りを紹介いたします!


★ Caroline Staff:コジマリ
SNS担当。時に眉毛がなく時に派手。

■Caroline TOP 5 Songs (順不同)

DJ Shadow – Rosie



今年一番くらいのお気に入りかもしれない一曲。ジャングルビートが入るところも最高。

SebastiAn – Doorman (feat. Syd)



The InternetのSydの繊細なボーカルが鉄骨感に映える!

Trippie Redd – The Jungle Book



エモ良きトラック『Real Feel』とかなり悩んだのですが、『The Jungle Book』はコラボレーターの今注目のラッパー、苦しみ声(?)が売りのLil Wopが好きだから、という理由でセレクト。

DENZEL CURRY – BIRDS (feat. Rick Ross)

この曲が収録されているアルバム『ZUU』は名盤。不協和音感にゾクゾク。同アルバム収録曲、『SPEEDBOAT』も然り。

坂本慎太郎 – 小舟



坂本氏独特のこの穏やかなチルさはグッと染みる!夜に一人でしんみり聴きたい曲。




■All Genre TOP 5 Songs (順不同)

Heavy Baile & Goes – Ciranda

アッパーなPVも卓越。この曲を聴けばPVのように街中を駆け出したくなる、ポジティブなビートで心踊り出す!
 

FKA TWIGS – Thousand eyes

  生、叫び、祈り、そして死が輪廻するような、達観した感覚を詰め込んだレクイエムのような、神がかった一曲。
 

Gabber Modus Operandi – Genderuwo

  インドネシアは、バリ島のデンパサール発の早くてカッコいいやつ!彼のハードコアなインスタ写真群にも感銘を受けました。最近の東南アジアミュージックシーンは本当にアツい!
 

Cam O’bi – Grammy’s Babies

  極上チルR&B。効果音的音使いの天才。Cam O’biは、常に良質で愛嬌のあるビートをお届けしてくれるアーティストなり。
 

lIlI – P T S D -RATKNIVEF- LIZZITSKY edit

  最近サンクラにアップされたばかりのトラック。今年見たライブの中で常に光ってたlIlIさんに注目してます。音源も骨太と繊細さが入り混じるカオス感がピカイチ!自身のDJでも釈迦坊主などのバックDJも、音楽が身体の内から流れ出すのを感じられて最高!

Instagram

--------------------- ---------------------