【ブログ】BEST OF 2019!スタッフが選ぶ年間ベスト5選 Part 3

2019年も残すところあとわずか。今年5月にCaroline International Japanは発足したばかりなのですが、年末までの短期間のうちに大御所からまだ無名のニューカマーまで、所属アーティストたちのシングルやアルバム、たくさんのリリースがありました。そのアーティストたちの活躍を裏舞台から見守るCarolineのSNS周りを担当するスタッフ4名が、ヒット作から隠れた名曲まで、思い入れのある2019年ベストソングを5曲ずつセレクト。

今回は、Carolineアーティストのみと、オールジャンルのランキングの二通りを紹介いたします!


★ Caroline Staff:トミー
洋楽&SNS&なんでも首突っ込む担当。
シュッとしたふりしてるけどボケボケ。

■Caroline TOP 5 Songs (順不同)

DJ Shadow – Rocket Fuel feat. De La Soul



シャドウは絶対裏切らない。確かな技術とセンス。

Tame Impala – Borderline



陶酔感のあるヴォーカルがたまらない。これぞインパラって感じのサイケ・ロック。

Bombay Bicycle Club – Eat, Sleep, Wake (Nothing But You)



祝!活動再開!待ってた!柔らかな歌声と多幸感溢れるサウンドが刺さりまくり。

Loyle Carner – Loose Ends

  今UKでホットなロイルとジョルジャのコラボ曲。売れてるからコラボしたという感じが一切なく、すごく良い化学反応が起きてる。ロイルの優しいけどキレのあるラップ、ジョルジャの繊細で美しい歌声が最高にマッチしてる。

Blossoms – The Keeper

  ピアノの音色とゴスペル風のコーラスが絶妙に合わさってるインディー・ポップ。MVでは3:35から道行く人が“自分にとってkeeperとはどんな人なのか”を説明していて、MVを見終わったあとには心がほっこり。




■All Genre TOP 5 Songs (順不同)

Brittany Howard – Stay High

  私にとってブリちゃんと言えばBritney SpearsではなくてAlabama ShakesのBrittany Howard。ソロ・アルバム『Jamie』の完成度の高さにただただ脱帽。唯一無二の存在とはこのこと。
 

Bon Iver – Naeem

  エモすぎて感涙。天才。
 

Billie Eilish – bad guy

  今年を代表するアーティストといえば間違いなくBillie Eilish。説明はいらないと思うけど、これを聴かずに年は越せない。
 

(Sandy) Alex G – Gretel

  アコースティック・ギターとAuto-tunedのヴォーカルがエモい。しかも、この曲で“弱いけど強くあろうとする人を描きたかった”ってエモすぎない?
 

THE NOVEMBERS – Down to Heaven

  バッキバキのインダストリアル・サウンドと雄叫び。ナイン・インチ・ネイルズとか好きな人には絶対ハマると思う。洋楽ばっか聴いていた私にはフライパンで頭を殴られたような衝撃でした。邦ロックの未来。

Instagram

--------------------- ---------------------