【ブログ】BEST OF 2019!スタッフが選ぶ年間ベスト5選 Part 4

2019年も残すところあとわずか。今年5月にCaroline International Japanは発足したばかりなのですが、年末までの短期間のうちに大御所からまだ無名のニューカマーまで、所属アーティストたちのシングルやアルバム、たくさんのリリースがありました。そのアーティストたちの活躍を裏舞台から見守るCarolineのSNS周りを担当するスタッフ4名が、ヒット作から隠れた名曲まで、思い入れのある2019年ベストソングを5曲ずつセレクト。

今回は、Carolineアーティストのみと、オールジャンルのランキングの二通りを紹介いたします!


★ Caroline Staff:バーシー
インターン。
何を考えてるかわからないミステリアスボーイ。

■Caroline TOP 5 Songs (順不同)

Myd – Superdiscoteca



Myd特有の聴け聴くほどクセが病みつきになるルーピーなビート。中毒性あります。

Clairo – Alewife



Clairoの優しく、可愛らしい歌声は癒し効果抜群。自殺が頭を過ぎった時に親友がそばにいてくれたことをテーマとした曲だそうです。泣けます。

Metronomy – Lately



Metronomyの世界観はやはり最高。疾走感溢れる曲で、ドラムがとにかくかっこよい。

XXXTENTACION – SAD!



XXXTENTACIONにしか出せないサウンドとフロー。SADな気持ちになるのは間違いない。収録アルバム『? (Deluxe)』では「SAD!」の他にも制作中の貴重なボイスメモが聴けちゃう!

UMI – Breathe



UMIの繰り出す圧倒的なチル空間が味わえる曲。日本とアメリカのハーフであるUMI、同EP収録曲「Sukidakara」では日本語で歌ってくれているのでそちらも是非聴いて欲しい。




■All Genre TOP 5 Songs (順不同)

Novo Amor – I Make Sparks

  「I Make Sparks」のギターアルペジオはどこか孤独を感じさせ、それと絶妙なハーモニーを作り出す透き通った声の組み合わせは是非聴いてほしい。エモいです。Novo Amorは「I Make Sparks」に限らず、一度聴いてしまうと必ず好きになってしまいます。要注意。
 

Madeon – Dream Dream Dream

  「Dream Dream Dream」はMadeonらしさも残しながら、新しい一面も聴ける曲。ゴスペルっぽいボーカルサンプルやフューチャーベースを組み合わせていて、この曲を聴けばエレクトロニック・ミュージックの最前線を実感できると思います。
 

Joji – Sanctuary

  元々結構過激なYouTuberだったJojiは当時からネタ用の音楽を作っていたものの、YouTube活動を辞め本格的に音楽活動を始めてからは繊細な歌詞、美しい歌声などで名曲ばかりを出している。Sanctuaryもその一つで、彼の魅力的な裏声が印象的な曲となっている。
 

サカナクション – ナイロンの糸

  サカナクションっぽさ満載の曲。ギターの優しいアルペジオで始まり、徐々に高揚していくスタイル。最後のサビで一気にサカナクションワールドに飲み込まれる。聴き終えてからもしばらく余韻に浸ってしまうような曲。
 

Coldplay – Daddy

  Coldplayはとにかく大好き。「Daddy」はピュアな愛の塊です。ただただお父さんが恋しい。。。曲を聴くだけだけでも泣けてしまうのに、MVを見ながら聴くと号泣です。クリスの声に勝てるものはいません。

Instagram

--------------------- ---------------------