【ブログ】2020バレンタイン、Carolineスタッフが選ぶラブソング Part.1

今年もやって来ました、バレンタイン!
この時期、街中がバレンタインの定番ソングで溢れていますが、Carolineスタッフたちで、この時期聴きたいラブソングをセレクトしてみました。Carolineと、オールジャンルからそれぞれ1曲ずつ、甘〜いものからほろ苦いものまで、ぜひお楽しみください。

★ Caroline Staff: CUMIN
穀類と卵料理がすき

▽ Caroline

RHYE – Patience



RHYEのマイク・ミルシュの歌声は、ふわりと包み込まれるようにやさしく寄り添ってくれる心地よさ。2017年のフジロック@FIELD OF HEAVENでの生歌唱は極上で、終始夢見心地でした。そして、この楽曲は想いの深い愛の歌。

▽ All Genre

Moonchild – Cure

心を軽やかにしてくれる魔法のような楽曲。一筋縄ではいかない想いを抱えている時、心癒されると共にポジティブな気持ちにも。歌詞も慈愛たっぷり。Moonchildの楽曲は、散歩やジョギング中に聴きたくなるような愛溢れる日常の音楽。

★ Caroline Staff:山川緑
植物好き。My Best GardenはKew Gardens。
インディーズロックを中心に、特に実験的音楽が好き。

▽ Caroline

WONK – Sweeter,More Bitter



恋愛のことを歌ったナンバー。ほろ苦く甘い歌詞が、バレンタインにもピッタリ。明日に向け、気分盛り上げて!

▽ All Genre

TAWINGS – POODLES

脱力の中の凄まじいパワー、、、日々悩める全人類、これを聴いて頭を柔らかく生きていきましょう…!Poodles…Poodles…

明日(バレンタインデー!)にもPart.2がアップされますので、お楽しみに。

Instagram

--------------------- ---------------------