【jan and naomi】本日ニューアルバム発売! 20:00からは、naomi paris tokyoによるインスタソロライブ配信も

jan and naomiの2人がそれぞれ監修し制作した2枚のアルバムがいよいよリリースされる。naomi paris tokyoがプロデュースした『YES』とJan Urila Sasがプロデュースした『Neutrino』は、2枚ともバンドの名義でのリリースとなるが、それぞれが秘めていた全く異なる世界観を引き出した内容のアルバムとなっている。

この2枚の異なる表現に、シンセサイザーからスティールパンまで幅広い音を奏でる、Buffalo Daughter大野由美子氏からもコメントが到着した。

「二人の同じ未来予想図、SF映画みたいに描いたjan、パステルカラーの映画みたいに描いたnaomi、対照的だったな。」

共同制作から離れ、互いの個性がストレートに反映されたアルバムを2枚通して聴いて欲しい。

そして、本日5/20(水) 20時よりGinza Sony Parkの[Park Live -STAYHOME-]にnaomi paris tokyoが登場、新曲を披露する。この状況下、リアルタイムでパフォーマンスを観覧できるこの機会をお見逃しなく。

【LIVE INFORMATION】


[Park Live -STAYHOME-]⁠
日時:2020年5月20日(水) 20:00~21:00予定⁠
場所:Instagram @ginzasonypark のアカウントからライブ配信⁠

<RELEASE INFORMATION>



naomi paris tokyoプロデュース
アルバム『YES』

品番:POCS-23004

 

税抜2,500円(税込2,750円)

M1 Maybe
M2 Amber 先行配信楽曲
M3 Clos
M4 Pool
M5 Yes
M6 Lula
M7 Monk
M8 Smoke
M9 Beaut
M10 □


Jan Urila Sasプロデュース
アルバム『Neutrino』

品番:POCS-23005

 

税抜2,500円(税込2,750円)

M1 序破急 <<βDecay -CrystallizaLon->>
M2 幽の核 <<Neutrino>> 先行配信楽曲
M3 生へ死終り星 <<Lust for Love>>
M4 哀あう牡丹 <<Sad Peony>>
M5 氷融く血 <<MBIMYI中>>
M6 九経る蜘蛛 <<Nine Eyed Tarantula>>
M7 死の域二十三幕 <<Deathomosphere23>>
M8 終りの暁 <<Last Morning>>
M9 誘みの香 <<Goddessness>>
M10 誘ぐ憂い <<Soldierness>>
M11 国生み <<AI die for I (><:)>>
M12 光の死宣 <<Shining>>
M13 御蔭の目合 <<Boy Daughter Veroxius>>
M14 守り色 <<Glass of Lies>>

jan and naomi – Yes (Official Audio)

jan and naomi – 幽の核<<Neutrino>> (Official Audio)



<Profile>

jan and naomi(ヤン アンド ナオミ)
2012年、janとnaomiが出会いデュオとして活動開始。洗練されたメロディアスなサウンド、そして繊細で耽美的なその世界観は、70年代ポストパンク、90年代シューゲイザーや00年代初期のインディーロックを彷彿させる。2014年に1stシングル『A Portrait of the Artist as a Young Man/time』のリリースを皮切りに、本格的な活動をスタート。2016年にはフジロックフェスティバルに出演。ファッションショー、教会、アートスペースなどでライブを行い、国内のみならず、アジア圏でのツアーを成功させるなど、彼らの音楽に寄り添う独自のパフォーマンスを切り開いている。2017年に公開された映画『Amy said』(村本大志監督)では、初の映画音楽を担当。その他、CM音楽なども手掛けるなど幅広い層からの支持を受け活動中。

<LINK>

Instagram

--------------------- ---------------------