【Twin Peaks】米シカゴのガレージロック・バンド、新EPを発表

米シカゴのDIYシーンを代表するガレージロック・バンド=Twin Peaksが新EPを7月にリリース!

米シカゴのDIYシーンを代表するガレージロック・バンド、Twin Peaksが新EP『Side A』を7月3日(金)にリリースする。先行シングルとしてフルートの音色が印象的な「What’s the Matter」の音源が公開された。

本作はバンド・メンバーと親交のあるプロデューサーのR. Andrew Humphreyと共に制作され、シンガー・ソングライターのLala Lalaやエクスペリメンタル・デュオのOhmmeなど、シカゴを拠点とするミュージシャンが参加している。新型コロナウイルス感染症の世界的流行が始まった時に録音されたもので、バンドはロックダウン中にリモート作業をしながら楽曲を完成させた。

また、新しいマーチ「Business Tee」の全ての売り上げを<BLACK LIVES MATTER CHICAGO>に寄付すると発表。今後も毎月、一部のアイテムを対象に売り上げをバンドが指定する機関に寄付し、地域をサポートする活動を行っていく予定だ。バンドは「僕らのサポーターにお願いしたい。自らの知識をより深め、人々の言葉に耳を傾け、寄付し、資源を共有することに参加し続けてください。人々に力を。」とコメントしている。アイテムはバンドの公式サイト(英語)から入手可能となっている。

<「What’s the Matter?」のミュージック・ビデオ>

<リリース情報>

New EP『Side A』
発売日:2020年7月3日(金)*デジタルと10インチにて




◆トラックリスト

1. What’s the Matter?
2. Whistle in the Wind (End of Everything)
3. Any More Than You Want
4. Above/Below

<バイオグラフィー>

2010年に高校の同級生で結成された米シカゴの5人組ガレージロック・バンド。高校を卒業した後、大学に入学するも音楽で成功することを追い求めドロップ・アウト。2012年、壊れかけのパソコンを駆使して制作したデビュー・アルバム『Sunken』をリリース。シカゴのDIY音楽シーンで頭角を現し、2014年に2作目となる『Wild Onion』をリリース。2016年、死とセックスをテーマにした3作目『Down In Heaven』をリリース。Cage the ElephantやPortugal. The Manのサポート・アクトを務め、数々の大型フェスティバルに出演。2019年、プロデューサーに敏腕Ethan Johns(Paul McCartney他) を迎えた4作目『Lookout Low』をリリース。2020年7月、新EP『Side A』をデジタルと10インチにてリリースする。

<アーティスト公式サイト>

https://twinpeaks.kungfustore.com/

Instagram

--------------------- ---------------------