【ブログ】BEST OF 2020 上半期 スタッフが選ぶ年間ベストソング5選 Part.1

目まぐるしく変化した2020年も、もう7月。COVID-19や世界的なBLMムーブメントなど、世界規模で大きな変化と影響をもたらす出来事が起こり、今まで普通と思っていたところから切り離された生活を築き上げるきっかけになりました。音楽業界もライブやフェス、リリースの自粛、キャンセルなどが続きましたが、オンラインライブやリモートレコーディングなど、新しい形での音楽活動が生み出されることに。
今回のスタッフブログでは、そんな変動に満ちた2020年上半期にリリースされたCaroline、そしてオールジャンルから、スタッフが選ぶベストソングランキングを紹介します!

★ Caroline Staff:金野和磨
邦楽/洋楽問わず、聴いていて心地良いものを好む傾向があります。

■Caroline TOP 5 Songs (順不同)

Tame Impala – Lost In Yesterday



2020年上半期で最も再生した洋楽曲です。ドラムとベースリフだけでも無限に聴けます。余談ですがFlume、Jordan Rakeiなどもよく聴いており、オーストラリアの音楽の存在感が近年増しているのを実感します。


Masego – King’s Rant



これぞ「トラップハウスジャズ」と思わされた楽曲です。トラップのリズムを効果的に昇華した、極めて心地よいグルーヴ。


WONK – Rollin’



ブレードランナーの世界を感じさせるMV、ギターソロやアウトロのかっこよさ、エコーチェンバー/フィルターバブルからの脱却をテーマにした2020年感のある歌詞など、聴きどころがたくさんあるスルメ曲。


Rhye – Beautiful Lewis OfMan Remix



もはや原曲の面影がないRemixですが、こちらの方が好きです。1:21あたりからのアタッキーなシンセリードが最高。


Soccer Mommy – circle the drain (Gentle Dom – Andrew VanWyngarden of MGMT Remix)



オリジナル楽曲の良さを活かしたナイスRemix。オリジナルにはない浮遊感が好きです。




■All Genre TOP 5 Songs (順不同)

4s4ki – 風俗嬢のiPhone拾った (feat. Gokou Kuyt & maeshima soshi)

2020年上半期で最も再生した邦楽曲で、極めて強い中毒性があります。フロウが気持ちよすぎる。チルの極み。夜の散歩のBGMはこれ1曲のループでOK。
 

Rina Sawayama – Comme Des Garçons (Like the Boys)

今年、海外を中心にファンを爆増させたRina Sawayama。見せ方も含めて、今までいなかった、初めから海外市場を本気で獲りに行っているアーティストだと思います。
 

Khruangbin – Time (You and I)

冒頭2秒で分かる鬼グルーヴ。
 

Yaeji – WAKING UP DOWN

Redditでバズっていたので知りましたが、かなりハマりました。こういうミニマルなのに的確にツボを突いてきて何度も聴きたくなってしまうような楽曲に弱いです。気の抜けたMVも好きです。
 

Colours in the Street – Full of Love

何度聴いても飽きないFrench Indie Pop。ポップさで言うと今回セレクトした楽曲の中で一番だと思います。
 

Instagram

--------------------- ---------------------