【joan】8月発売の新EPから新曲を公開!

joan(ジョーン)

90 年代ボーイズ・グループのリバイバル!米ポップ・デュオ、joanがセカンドEPを8月にリリース!新MVも公開!

80年~90年代からインスピレーションを受けたシンセウェイヴと甘酸っぱい歌詞が話題を呼んでいる米アーカンソー出身のポップ・デュオ、joanがセカンドEP『cloudy』を8月6日(木)にリリースすることを発表した。同作から「love me better」「want u back」「magnetic」が先行配信されており、本日新たに「brokenhearted」の音源とミュージック・ビデオが公開された。同EPについてバンドは以下のようにコメントしている。

「このEPは季節についてのEP。秋に制作され、冬にライブで披露して、春に仕上げて、夏にリリースする。僕らはある関係について伝えるために『cloudy』を制作したんだ。恋はやっかいになりえるけど、とても美しいってことをね。彼/彼女と今一緒にいるべきではないけれど、一緒にいないといけない。この作品を完成させる間、僕らは隔離されほとんどの時間を自宅で過ごさないといけなかったんだ。この期間、僕らは毎晩散歩に出かけ、散歩中に撮影した空の写真を送りあっていたんだ。ある日、この事について話していた時に、EPの名前がしっくりきたんだ。雲は美しい風景も恐ろしい風景も作り出せるし、時に爽やかな雨や破壊的な嵐をもたらすこともできる。雲を見ると、今はそんなに良くないかもしれないけど、物事は良くなっていく。より良い方向に進んで、成長し、たくさん愛して、間違いから学ぶ。それがこのEPさ。」

2019年はjoanにとって節目となる年となった。Avicii を初め数々の大物を手掛けてきた敏腕プロデューサー、Carl Falkに目に留まりリリースしたデビューEP『portra』は全世界で5千万再生を記録。国内外でも精力的に活動し、アメリカでの公演に加えて、Bloc Party、The Aces、Flor、Jeremy Zucker、COINの公演のサポートを務めた。その人気は海を渡りアジアに飛び火し、秋にはHONNEと共にフィリピンの7都市を周り、タイ、シンガポール、香港の大型音楽フェスティバルへの出演を果たした。2020年2月開催の初のUSヘッドライン・ツアーではソールドアウトが続出し、LAでは追加公演も開催された。次々に発表されるシングルは、海外の著名媒体で“完璧なポップ”、“レトロなサウンドで現代のポップを体現”と評され、高い注目を集めている。8月に発売されるセカンドEPは、90 年代ボーイズ・グループのリバイバルのようなサウンドが癖になる夏にぴったりのポップ・ソングが詰まった快作となっているので、ぜひチェックしてほしい。

新曲「brokenhearted」ミュージック・ビデオ

収録曲「want u back」ミュージック・ビデオ

収録曲「love me better」ミュージック・ビデオ

収録曲「magnetic」ミュージック・ビデオ

<リリース情報>

EP『cloudy』
2020年8月6日(木)発売 ※デジタルにて

◆トラックリスト
1. try again
2. want u back
3. magnetic
4. cover girl
5. love me better
6. brokenhearted

シングル「brokenhearted」絶賛配信中!


シングル「want u back」絶賛配信中!


シングル「magnetic」絶賛配信中!


シングル「love me better」絶賛配信中!


<バイオグラフィー>

米アーカンソーのリトル・ロックを拠点に活動するエレクトロ・デュオ。元々異なるプロジェクトで活動していたAlan ThomasとSteven Rutherfordが出会いバンドを結成。2017年、ファースト・シングル「take me on」を発表。2018年、Avicii を初め数々の大物を手掛けてきた敏腕プロデューサー、Carl Falkの耳に留まりスウェーデンの音楽レーベルと契約しデビューEP『porta』をリリース。Bloc PartyをはじめThe Aces、Flor、Jeremy Zuckerの公演のサポートを務めた。11月にはフィリピン、タイ、香港、シンガポールを周るアジア・ツアーを実施。Dork誌の「2019年に注目すべきアーティスト」に選出。2020年2月にはUSツアーを実施し、ソールド・アウトが続出。8月、6曲入りのEP『cloudy』をリリースする。

Instagram

--------------------- ---------------------