【Yaffle】「À l’envers feat. Elia」をリリース!バルセロナで撮影されたリリック・ビデオも解禁!そしてリミックスの発売も決定!!

Yaffle(ヤッフル)

Tokyo Recordings所属のプロデューサー=Yaffle(小島裕規)。自身の作品では海外アーティストとのコラボレーションを続ける彼がフランスの新鋭女性シンガー・ソングライターEliaをヴォーカルに迎えた配信シングル「À l’envers」(読み方:ア・ランヴェール)を(本日7月31日に)リリースした。

2019年の秋に欧州コライトの旅へ出たYaffleが、パリで彼女をソングライターとして契約するBecause Musicからの紹介で、二人でパリのスタジオに入り完成させたフランス語曲。日本語で「逆さま」という意味のこのタイトルのコンセプトに合わせたリリック・ビデオも発売と同時に公開された。

手掛けたのは、Yaffleの「La Nuit feat. Fabienne Débarre」のリリック・ビデオも制作したバルセロナ在住のフランス人監督Kamel Gondry。スケートボード・ブランド、KLAPも持つKamel氏は広告業界で働いた後、現在は映像監督として、Charlotte Gainsbourg、Motorhead、Christine & The Queens、SebastiAn、Breakbotらの映像作品を手掛けている。

「À l’envers」のリリック・ビデオでは、モデル兼ダンサーのJulie Huetを起用し、バルセロナにて撮影。「逆さま」という楽曲タイトルのコンセプトに合わせ、リバース・モードの映像を織り交ぜながら、Julieのエモーショナルなダンスを、ローファイだが躍動感ある編集でまとめ上げており、リリック・ビデオの枠を超えた映像作品となっている。

また8月14日にはこの「À l’envers」のリミックスも配信リリースが決定した。

リミックスを手掛けたのはオランダのTRACE7000。チル・ポップ・デュオKlyneのメンバーとしても活動するFerdousがエレクトロニック系サウンドでリリースする時の名義のTRACE7000。現在27歳、オランダとアフガニスタンのハーフのFerdousは、Klyneのメンバーとして2017年にアルバム『Kylne』をBecause Musicからリリース、MetronomyやChristine & The Queensのツアーでオープニング・アクトを務め、Kylne名義でDisclosure「Omen」やMiike Snow「My Trigger」のリミックスも手掛ける。TRACE7000としてはTigaのTurbo RecordingsからEPをリリースするなど、よりフロア志向のディープ・ハウス作品をリリース。2020年に入ってからはFerdous名義でシングル・リリースを重ね、最新作「Talk 2」をKitsune Musiqueからリリースした。

アートワークはこのリミックス用にOBKR(小袋成彬)が新たに描きおろしをしている。

本日7月31日(金)からSpotifyにてこのリミックスのPre-saveがスタート。Pre-saveへのエントリーを行うと「À l’envers feat. Elia (TRACE7000 Remix)」がすぐに自分のアカウントに追加され、8月14日の配信初日から聴き逃がすことなくストリーミングで楽しむことができるので、是非チェックしておきたい。

またYaffleはJ-WAVE(81.3FM)で放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)に本日7月31日にゲスト出演する。ミュージシャンをゲストに迎え、おいしいお酒を片手に音楽ヒストリーを紐解くこの番組で、24日放送に続きYaffleのトーク後半戦がオンエアとなる。

藤井 風氏のデビュー・アルバム『HELP EVER HURT NEVER』のプロデュースを手掛けたことで、そのサウンド・プロダクションが注目を集め、日本の音楽業界からオファーが絶えないYaffle。その一方で彼の視線は海外へも向いており、自身の作品では世界に通用するアート・フォームを目指して絶え間ない挑戦が続いている。そんな現在進行形のYaffleサウンドが詰まったアルバム発売のアナウンスはまもなく。

【Official Lyric Video】

【RELEASE INFORMATION】

New Digital single“À l’envers feat. Elia”
Label: Picus Records/Caroline International
Artwork by OBKR (Nariaki Obukuro)
2020.7.31(金)Release



“À l’envers feat. Elia (TRACE7000 Remix)”
Label: Picus Records/Caroline International
Artwork by OBKR (Nariaki Obukuro)
2020.8.14(金)Release



【PROFILE】

Elia(エリア)

ロシアとチュニジアの血が流れる、映画音楽家の父親の元に生まれたEliaは子供のころから音楽に囲まれ、ミッシー・エリオットやMIAを聴いて育った。パリの音楽学校でクラシックのハーモニーとソングライティングを学んだ彼女は、フランス語曲のリリシズムとヒップホップのフロウを兼ね備えたパリジャン・ポップの期待の新星と呼ばれている。2019年にシングル「Aurore」でMercury Franceからメジャー・デビュー、同年にEP『Elia』をリリース。

<Yaflle アーティスト情報>

https://carolineinternational.jp/yaffle/

Instagram

--------------------- ---------------------