【Matt Berninger】ドリー・パートンの名曲へのアンサー・ソング「One More Second」を発表!

Matt Berninger(マット・バーニンガー)

第60 回グラミー賞にて最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム部門を受賞した、インディー・シーン最高峰のバンドであるザ・ナショナルのヴォーカルを務めるマット・バーニンガーが、今年の5月に、ソロ・デビュー・アルバム『Serpentine Prison』を10月にリリースすることを発表してから、これまでアルバムのタイトル・トラックとなる「Serpentine Prison」と「Distant Axis」を配信してきた。そしてこの度、当初アルバムは10月2日発売を予定していたが、10月16日発売になる、という発表と共に、アルバム『Serpentine Prison』のPre-Orderが開始し、最新シングル「One More Second」も配信が開始した。

シングル「One More Second」は、アルバム同様、音楽界のレジェンドであるブッカー・T・ジョーンズがプロデュースを手掛けており、マット・バーニンガーは「この楽曲はLost LanderのMatt Sheehyと一緒に書いた曲で、ドリー・パートンの『オールウェイズ・ラヴ・ユー』へのアンサー・ソング的なものを書こう、という思いで書いたんだ。ただ、シンプルで、車で聴くと最高なラヴ・ソングを書きたかっただけなんだ。」と説明する。
また、アルバムの背景についてマットは、「ある日、それまで友人達と制作に取り掛かっていたシングル「Serpentine Prison」と「Distant Axis」のデモ・ヴァージョンを、ブッカー・T・ジョーンズへ送ったんだ。そしたら、すぐブッカーが、“その調子でどんどん書いて、掘り下げていくべきだよ”と返事をくれたんだ。その半年後には12曲のオリジナル楽曲と、カバー・ソングが完成していたよ。で、カリフォルニアのヴェニスに皆で集まっては、14日間でレコーディングを終了させたんだ。」と語っている。

マット・バーニンガーのソロ・デビュー・アルバム『Serpentine Prison』は、マットと、ブッカー・T・ジョーンズが立ち上げたBook’s Recordsよりリリースされる。

<シングル「Serpentine Prison」ミュージック・ビデオ>


<シングル「Distant Axis」ミュージック・ビデオ>


<マット・バーニンガー:ソロ・デビュー・アルバム情報>



アルバム『Serpentine Prison』
2020.10.16 on sale

(デジタル、輸入盤CD&アナログ盤)

<アーティスト公式サイト>

https://carolineinternational.jp/matt-berninger/

Instagram

--------------------- ---------------------