【U-zhaanとBIGYUKI】コラボ作品「City Creatures」配信スタート。ミュージックビデオも解禁!

U-zhaan、BIGYUKI(ユザーン、ビッグユキ)

数々のアーティストとの作品を発表するタブラ奏者のU-zhaanとNYベースに活躍するキーボーディストBIGYUKIによるコラボレーション曲、「City Creatures」が本日(9/23)配信リリースされた。

北インドの打楽器「タブラ」の奏者として多方面で活動し、近年は鎮座DOPENESSや環ROY、ハナレグミ、蓮沼執太など様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションを行うU-zhaan。ニューヨークを拠点にアーティスト活動を行い、自身のプロジェクトの他にも、A Tribe Called QuestやJ. Coleの全米NO.1アルバムへの参加、2019年にはKamasi WashingtonバンドのキーボーディストとしてHerbie Hancockバンドとの合同ツアーへ参加するなど、世界基準で活躍する日本人ピアニスト/キーボード奏者BIGYUKI。そんな2人のセッションから誕生したのが今作「City Creatures」だ。チューニングを変えたタブラを多数並べて演奏されるメロディに、BIGYUKIによる多彩なシンセ音や、心地よいグルーヴのシンセベースが絡み合って独特の雰囲気を作り上げている。mabanuaによる立体的なミックスも聴きどころだ。


「2019年4月、銀座ソニーパークでのイベント『#007 eatrip city creatures』で完全即興デュオとして初共演しました。そのライブがとても楽しかったので、数日後に2人でスタジオへ行き再セッションすることになりました。今作はその時にできたものです。曲タイトルは初共演時のイベント名から付けています。イベントの会場ビジュアルイメージだった山口洋佑さんの絵もとても素敵だったので、お願いしてジャケットに使わせていただきました。」(U-zhaan)


「銀座ソニーパークでの共演、そして高円寺の沖縄料理屋での饗宴で確信、二人でスタジオ入ったら面白いもんができる!!その後実際スタジオに入り3曲が爆誕。その中で2人の最も好きな曲をリリースできる運びになりました。ジャムセッション中にユザーンがタブラで奏でたメロディからスタートした今回の曲。色々な音色や旋律が出たり入ったり展開する中で繰り返されるタブラのリズムと旋律は、不思議とノスタルジックな感情を呼び覚ますかもしれません。すごい勢いで目まぐるしく変化する毎日、この曲をサウンドトラックにしてペース配分する手助けになればいいなと思います。」(BIGYUKI)


配信開始に合わせ、本日(9/23)より、気鋭のクリエイターチーム「HOEDOWN」のディレクションによるミュージックビデオも公開となっている。

「City Creatures」ミュージックビデオ

【RELEASE INFORMATION】

U-zhaan, BIGYUKI
Digital Single
“City Creatures”
2020.9.23(水)Release
Label: Caroline International


【U-zhaan Official LINK】

【BIGYUKI Official LINK】


■Biography

U-zhaan(ユザーン)

オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏からインドの打楽器「タブラ」を師事。2000年よりASA-CHANG&巡礼に加入し、『花』『影の無いヒト』など4枚のアルバムを発表。2010年に同ユニットを脱退後、U-zhaan × rei harakamiとして「川越ランデヴー」「ミスターモーニングナイト」等をリリース。14年には坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ等をゲストに迎えたソロ名義のアルバム『Tabla Rock Mountain』を発表した。17年に蓮沼執太との共作アルバム『2 Tone』、18年にはフルカワミキ÷ユザーンとして『KOUTA LP』をリリース。20年はインド・アーメダバードで開催されたインド音楽フェス「Saptak Annual Festival of Music」に出演した。


BIGYUKI (ビッグユキ)

6歳でピアノを始め、クラシックを学ぶ。高校卒業後渡米し、バークリー音楽大学へ入学。その後ニューヨークに活動の場を移し、以降タリブ・クウェリやビラルのバンドに在籍し、演奏の場を広げていく中で、HipHopやR&Bのみならずジャズのシーンでも称賛を浴びるようになった。鬼才と呼ばれる新世代ドラマー=マーク・ジュリアナやブルーノートからリリースされた実力派=マーカス・ストリックランドのアルバムに参加し、2016年にリリースされたA Tribe Called Questのアルバム『We got it from Here…Thank You 4 Your service』にはミュージシャンとして8曲参加、作曲家としても3曲参加。この作品は全米アルバム・チャート1位を獲得した。また、J. Coleの『4 Your Eyes Only』にもミュージシャンとして参加しており、同作も全米1位を記録している。2017年11月には自身のデビュー・フルアルバムとなる『Reaching For Chiron』をリリース。その後も新世代ジャズ台頭の旗手として世界的な人気を高め続けるサックス奏者、カマシ・ワシントンのワールド・ツアーのサポートを務めるなど、日本人ながらブラック・ミュージック・シーンの旗手ともいえる活躍を見せている。近年は日本国内での活動も活発となっており、2018年には朝霧JAM2018への出演、渋谷WWWでのワンマン公演を実施し、2019年にはFUJIROCK FESTIVAL2019にも出演した。

Instagram

--------------------- ---------------------