【The Offspring】今、世界が直面している問題を反映した、新曲のミュージック・ビデオが解禁!

The Offspring (オフスプリング)

カリフォルニアを代表するパンク・ロック・バンドのオフスプリングは、2021年4月16日にConcord Recordsからリリースされる待望の10枚目のスタジオ・アルバムより、タイトルトラック「Let The Bad Times Roll」のミュージック・ビデオを公開した。
同曲は、リリースからわずか4週間で、全米のロック系ラジオチャートで11位にランクインし、現在もその勢いは増すばかり。すでに全世界で400万回近くストリーミングされている。海外のメディアからも絶賛の嵐で、全米のローリング・ストーン誌は、「悪意のないポップ・パンクと舌先の皮肉という、彼らの特徴的なミックスに戻ってきた」と評価し、ラウドワイヤー誌は、「今日の世界の悪を指差しながら、騒々しくもアコースティックに駆られた節から、バンドのお馴染みのパンク感覚へとシフトする傑作」と評している。

シングル「Let The Bad Times Roll」のミュージック・ビデオは、パンク・ロック・ミュージックの核心である不遜さを忠実に再現しており、今日の我々が直面している問題を反映した話題性のある歌詞と結びついて、同時代的な物語を展開している。

ミュージック・ビデオが公開される直前に、YouTubeプレミアでバンドメンバーのデクスターとヌードルズがQ&Aに応じ、シングルについて「今、世界は最悪な状況にあるから、笑いとばすことが必要だと思ったんだ」と制作の背景を語るデクスターに続いて、ヌードルズが「ヘヴィーなギターサウンドに、ファンキーなグルーヴを加えて、”何とかなっちまえ”って吹き飛ばす感じでね」と説明した。更に、デクスターは「明るい曲にダークな歌詞が散りばめられているのは、世界、特にアメリカが置かれている、最悪な現状に向けて、真剣なメッセージを伝えたかったんだ」と、インタビューで語った。

<「Let The Bad Times Roll」のミュージック・ビデオ>

<リリース情報>

ニュー・アルバム
『Let The Bad Times Roll』

発売日:2021年4月16日
品番:UICB-10003
価格:3,300円(税込)
(日本盤内容:歌詞対訳・解説付き 日本盤ボーナス・トラック2曲収録)



<日本公式アーティストページ>

https://carolineinternational.jp/the-offspring/

--------------------- ---------------------