【Gaspard Augé】ソロ・デビュー・アルバム『Escapades』のリリース日が6月25日に決定!

Gaspard Augé(ギャスパール・オジェ)

2000年代半ばにロックとレイヴを融合させた人気デュオ、Justice(ジャスティス)のメンバーとして知られるGaspard Augé(ギャスパール・オジェ)が、ニュー・シングル「Hey!」のリリースと共に、6月25日にソロ・デビュー・アルバム『Escapades』をリリースすることを発表。今作は、別の銀河系から飛来したUFOのようなサウンドであり、ヨーロッパのクラシック音楽を21世紀に向けて再構築したバロック様式の傑作だ。

シングル「Hey!」のミュージック・ビデオは、トルコで撮影されたフィリップ・ニルソン監督(Justice、Röyksoppなど)によるもの。「この曲をレコーディングしている時に、最初に頭に浮かんだのがこのイメージでした」とギャスパール・オジェは語る。「草原でバイオリンを演奏するモンゴル人の騎手は、極東の雰囲気を持つ壮大なイメージです。フィリップ・ニルソンと素晴らしい騎手Metin Yılmazがその夢を実現してくれました。」

オジェが最後に公の場に姿を現したのは、ジャスティスのグザヴィエ・ドゥ・ロズネと共に、バンドの最初の10年間の楽曲を再構築したアルバム『Woman Worldwide』で2019年のグラミー賞を受賞した時だった。しかし、ジャスティスが一貫して新曲に取り組んでいる一方で、オジェはデュオ以外の自分の音楽的アイデンティティを把握する時期だと感じており、 “深く考えすぎずに”自由で実験的なインストゥルメンタルの作品を作りたいと考えていたという。結果、壮大な夢とセンチメンタルで甘美なイメージが次々と生まれては、軌道上での異教の儀式や、宇宙ステーションでのマカロニ・ウエスタンのキャラクターが喚起され、プログレ・リバイバルからダンスフロア・サンパー、サイケデリック・フォーク、イタリアン・ホラー映画のサウンドトラックまで、考え得る限りのあらゆる地点を横断する音のユートピアを創り出したのだ。

オジェは、その華々しいビジョンを実現するために、フランスの作曲家Victor le Masne(Chilly GonzalesやMetronomyのJoseph Mountの作品で知られる)とチームを組み、パリの2つのスタジオで作業を行った。かつてYesが所有していたシンセサイザーを使用したEnterpriseと、彼らの友人であるCassiusの故Philippe Zdarが所有していたMotorbass Studiosだ。ジャスティスが編集で音楽を微調整することで有名ではあったが、『Escapades』は2ヶ月間で録音するという電光石火のマラソン・セッションで完成した。その結果、爆弾のような遊び心を感じさせるアルバムに仕上がっている。オジェがこの新作に使命感を持っているとすれば、それは “良い趣味、悪い趣味”という狭い定義を無視して、何よりもまず、“感覚で音楽を楽しむ若い頃の無邪気さ”を表現したいということだ。「私はいつも、人生よりも大きな音楽を作ることをモットーにしています」と彼は語る。「ほとんどの場合、その方が楽しいからです。」


<「HEY!」Official Video>

<リリース情報>


ソロ・デビュー・アルバム『Escapades』
2021年6月25日発売(輸入盤/デジタルのみ)



<トラックリスト>
1. Welcome
2. Force Majeure
3. Rocambole
4. Europa
5. Pentacle
6. Hey!
7. Captain
8. Lacrimosa
9. Belladone
10. Casablanca
11. Vox
12. Rêverie


<日本公式アーティストページ>

https://carolineinternational.jp/gaspard-auge/

--------------------- ---------------------