【Justus Bennetts】世界中のバイラル・チャート入り!アメリカから突如現れた新星、ジャスタス・ベネッツの話題曲「Bad Day」のMV解禁!

Justus Bennetts (ジャスタス・ベネッツ)

アメリカから突如現れた21歳の新星、ジャスタス・ベネッツ。車の営業のアルバイトをする傍ら、2020年より楽曲制作を本格的に始め、2021年4月の「Nightstand」のリリースを皮切りに、5月に「Real Life Sux」、8月に「Insomniac」、9月に「Bad Day」をリリースするなど矢継ぎ早にシングルを発表してきた。
最新シングル「Bad Day」では、「嫌な奴にはなりたくないけど、君に対しては別 / 最低な一日になればいい」と皮肉った歌詞がTikTokを中心に共感を生み、ミーム化したコンテンツが世界中のTikTokユーザーの間で爆発的に拡散されている。「Bad Day」は、これまでに世界30カ国以上のバイラル・チャートに追加され、ここ日本でもSpotifyの<バイラルトップ50-日本>のトップ5に登場している。(2021年10月26日付)。大きな話題となっている同曲に関して、ジャスタスは以下のようにコメントしている。

「僕らに、嫌な事をしてきた人たちについて歌いたかったんだ。エレベーターの中で口論した相手だったり、汚いことをした元恋人に対してだったり、この曲はそのような状況に身を置いている人を表すものだよ。僕らが作った世界に、リスナーを巻き込むような、総合的なリスニング経験に育てたかったんだ。」

先日、「Bad Day」のミュージック・ビデオも解禁された。元恋人とのドタバタ劇を描いたような映像作品に仕上がっている。勢いにのるベネッツは、今後数か月以内にデビューEPのリリースも予定している。

<「Bad Day」ミュージック・ビデオ>


Release


シングル「Bad Day」
2021年9月2日(木) デジタルにて


Biography

米シアトル生まれ、現在ノースカロライナを拠点に活動する21歳のアーティスト。家族の影響で音楽に興味を持ち始め、10代の頃には父親の影響を受けロックに憧れを抱くようになった。大学には進学せず、車の営業のアルバイトをする傍ら、制作した楽曲のセルフリリースを開始。A&Rの目に留まり、2020年にシングル「Replace You」を発表。この楽曲がヒットし、<SUPPORT YOURFRIENDS>と契約。2021年4月の「Night stand」のリリースを皮切りに、5月に「Real Life Sux」、9月に「Bad Day」をリリースするなど矢継ぎ早にシングルを発表。最新シングル「Bad Day」は、TikTokを中心に大きなバズを生み、世界中でブレイク。今後、デビューEPのリリースも控えている。

<日本公式サイト>

https://carolineinternational.jp/justus-bennetts/

--------------------- ---------------------